Monthly Archives: 1月 2015

生命保険の比較ランキングによると、一生涯で支払う保険料は1,000万円を超えるなど、高額な出費となっています。そのように高額なため、生命保険への加入は慎重にならざるを得ず、他人がどれだけの保険に加入しているか気になるところだと思います。ただし、一概に同じ保険料になるわけではなく、家族構成や収入、貯金額などによって異なってきますが、平均的な保険料はいかほどになるのでしょう。生命保険の比較ランキングによると、1世帯の年間保険料は52.6万円となっており、一生涯においては約1,000万円~2,000万円支払っている計算になります。年間保険料の約50万円は、世帯収入の9.2%にも上り、年収の10%を保険料に支払っていることになります。このように生命保険は高額な出費のため、自分や家族を万一の時に守ってくれる重要なものですが、自分のライフスタイルなどに合わせて加入することも大切です。生命保険の比較ランキングが紹介する世帯主の年齢別平均保険料は、29歳以下が202.4万円と最も低く、それから徐々に増え50歳~54歳で518.4万円と最も高くなり、それからまた徐々に減り70歳以上では377.0万円となります。30代からは結婚や出産・育児などのライフイベントを迎える人が多く、家族を守るための死亡保障を充実させる人が多くなります。また、生命保険の比較ランキングが紹介する世帯収入別の年間平均払込保険料は、世帯主収入が200万円未満の人が330,300円と収入の15%~20%を占め、1,000万円以上の人が820,900円と収入の5%~8%を占める結果となっています。

近年では、インターネットを使った保険会社が多く出てきましたが、最近では来店型の保険ショップが多く見受けられます。例えば、「保険の窓口」などは、中々予約が取れない店舗がでるぐらい盛況なようです。来店型の保険ショップは、死亡保険を含め多くの商品を扱っているので、各社の商品を比較しながら最適な保険を選ぶことができます。プロのアドバイスも聞くことができるので、自分に合った死亡保険を見つけることができるでしょう。ただし、来店型の保険ショップを利用する場合は、事前に把握し注意しておきたいことがあります。死亡保険比較ランキングによると、来店型の保険ショップのデメリットは、店舗を出店し、プロのアドバイザーも常駐しているため、インターネット完結型のダイレクト保険と比べると保険料が割高になっているケースが多いようです。また、死亡保険比較ランキングによると、保険ショップが利益を重視し、必要以上の手厚い補償を掛けるおそれがあり、その分保険料が高くなってしまうリスクがあるようです。死亡保険の保険料をできるだけ抑えたい人や、必要な保障を自分でわかっている人は、インターネット完結型のダイレクト保険の方が、お得かもしれません。来店型の保険ショップは、死亡保険の商品などを販売し、保険会社から手数料収入を得ることで成り立っています。したがって、保険会社は手数料を増額することによって、来客型の保険ショップに手数料の高い保険商品を優先的に販売させるインセンティブを与えているのです。死亡保険比較ランキングは、保険の基礎知識やおすすめの商品、来店型ショップのメリット・デメリットを掲載しています。興味がある人は、死亡保険比較ランキングを是非参考にしてください。

死亡保険ランキングはコチラ

URL:xn--qlqx3a791d9j3b.net

死亡保険比較ランキング※最適な保険の選び方

印鑑にはさまざまな種類が存在しており、実印・認印・シャチハタ印・三文判・銀行印・角印など、さまざまな印鑑の名称を耳にしたことがあるでしょう。しかし、印鑑に関する言葉の意味やその印鑑をどういう場面で使うことが最適なのか等、基礎知識を知っておかなければ最適な印鑑選びは難しいと思います。まず、印鑑の基礎知識として知っておきたいのが、認印やシャチハタ印に関することです、認印とは、市役所といった公的機関に登録された「実印」と呼ばれる印鑑以外を指す言葉であり、印鑑登録された実印以外はすべて認印と言われます。実印は、不動産の売買や保険料の受取など、人生の中でも非常に大きな権利・義務が生じる契約で用いる印鑑であり、数年に一度使うかどうかの重要な印鑑です。これに対して認印は、郵便物の受取から仕事上の承認印など、日々の生活においてさまざまな場面で用いられる日常の印鑑であり、高級感や威厳よりも使いやすさや耐久性の高さを重視して選ぶ印鑑になります。認印の中でも、通常の印鑑は印鑑本体と朱肉が分けられていますが、印鑑本体に朱肉部分がついた印鑑をシャチハタ印と良い、その使いやすさからとても広く普及している印鑑です。シャチハタ印は、別途朱肉を必要としないインキ浸透型のゴム印であり、元々の商品名は「Xスタンパー」という名前でしたが、販売元のシャチハタ社から取られた「シャチハタ印」という名称が一般的に普及しています。認印比較ランキングでは、シャチハタ印に関する基礎知識も含めながら認印に関する情報を広く公開しています。認印比較ランキングを参考に、最適な印鑑を選んでいきましょう。

認印 シャチハタはコチラ