★認印とシャチハタ印は何が違うの?認印についての基礎知識を知って印鑑選びに役立てる★

印鑑にはさまざまな種類が存在しており、実印・認印・シャチハタ印・三文判・銀行印・角印など、さまざまな印鑑の名称を耳にしたことがあるでしょう。しかし、印鑑に関する言葉の意味やその印鑑をどういう場面で使うことが最適なのか等、基礎知識を知っておかなければ最適な印鑑選びは難しいと思います。まず、印鑑の基礎知識として知っておきたいのが、認印やシャチハタ印に関することです、認印とは、市役所といった公的機関に登録された「実印」と呼ばれる印鑑以外を指す言葉であり、印鑑登録された実印以外はすべて認印と言われます。実印は、不動産の売買や保険料の受取など、人生の中でも非常に大きな権利・義務が生じる契約で用いる印鑑であり、数年に一度使うかどうかの重要な印鑑です。これに対して認印は、郵便物の受取から仕事上の承認印など、日々の生活においてさまざまな場面で用いられる日常の印鑑であり、高級感や威厳よりも使いやすさや耐久性の高さを重視して選ぶ印鑑になります。認印の中でも、通常の印鑑は印鑑本体と朱肉が分けられていますが、印鑑本体に朱肉部分がついた印鑑をシャチハタ印と良い、その使いやすさからとても広く普及している印鑑です。シャチハタ印は、別途朱肉を必要としないインキ浸透型のゴム印であり、元々の商品名は「Xスタンパー」という名前でしたが、販売元のシャチハタ社から取られた「シャチハタ印」という名称が一般的に普及しています。認印比較ランキングでは、シャチハタ印に関する基礎知識も含めながら認印に関する情報を広く公開しています。認印比較ランキングを参考に、最適な印鑑を選んでいきましょう。

認印 シャチハタはコチラ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>