★B型肝炎でお困りの方は早めに相談しましょう!口コミで人気の法律事務所をご紹介!★

幼少期に注射器の使い回しをされてしまい、不幸にもB型肝炎に罹患してしまった方は、早めに専門家と相談して解決することをおすすめします。国・厚生労働省は、過去の医療政策にミスがあったことを認め、特定B型肝炎ウイルス感染者に対して給付金等を支給する特別措置法が成立しました。この特別措置法は、時限立法とよばれ一定の有効期間を付した法令であるため、期限内に和解を行う必要があります。B型肝炎訴訟の和解期間は、平成24年1月13日から平成29年1月12日までとなっているため、給付金受給を目的とされる方は期限内に和解へ向けた訴訟の提起を行わなければなりません。しかし、法律の専門家ではない一般の市民が「提訴」するためには非常に高いハードルを感じると思います。実際に、特定B型肝炎ウイルスの感染者数は40万人超えていると言われていますが、国からの給付金支給者数はおよそ3000人であり大きく下回っています。裁判や和解という言葉から「法律事務所への依頼」や「弁護士費用」といったイメージが連想され、なかなか相談しにくい現状もあります。気になる弁護士費用は、給付金とは別途支給されるものとなっており、費用面を心配する必要はありません。正しい知識と理解を身につけ、早めに相談することをおすすめします。B型肝炎訴訟情報ナビは、知っておきたい基礎知識から口コミで評判の法律事務所まで幅広くご紹介しています。B型肝炎訴訟ナビを参考に、法律の専門家へ相談してみましょう。

法律事務所 B型肝炎 口コミはコチラ

URL:xn--b-mn0b818e2vo0glud.net

b型肝炎訴訟情報ナビ※給付金や和解請求などの救済サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>